JA長野健康保険組合

JA長野健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

互助会制度

互助会の目的・費用負担

目的

互助会制度は、被保険者と被扶養者が病気やけがで医療費などの個人負担が発生した場合に、家計への負担を少しでも軽減すべく事業主と被保険者で費用を負担している制度です。

費用負担

  第2保険料率
事業主 2/1000
被保険者 1/1000
合計 3/1000

互助会の会員

現在事業所に勤務し、健康保険の被保険者となっている方を会員として各種補助金を支給します。任意継続被保険者と特例退職被保険者は会員となることができません。

互助会の補助金

入院雑費補助金 会員または会員の被扶養者が傷病のため保険医療機関に入院し療養を受けたとき、診療報酬明細書に記載された外泊数を除く入院雑費補助金を支給します。
  • ※医療機関からの診療報酬明細書(レセプト)に基づき互助会から支給されますので、受給手続きは必要ありません。
  • ※各診療月における診療報酬明細書1件につき3日を控除した日数に1日当たりの単価を乗じた額を自動払いします。
    会   員:入院1日につき1,000円
    被扶養者:入院1日につき1,000円
参考リンク
参考リンク
本人埋葬補助金 会員本人が死亡したとき、埋葬料の申請にあわせ埋葬補助金100,000円を支給します。
参考リンク
入院室料差額補助金 会員または会員の被扶養者が傷病により保険医療機関へ入院し、療養のためやむを得ず入院室料差額を要したとき、申請により入院室料差額補助金を支給します。
補助金は入院1日につき支払った額の7割とし、3,000円を限度とします。
  • ※算出額に100円未満の端数があるときは切り捨てます。
  • ※受給手続きはこちらをご覧ください。
参考リンク
参考リンク
医療費一部負担金
足切差額補助金
会員または会員の被扶養者が傷病により保険医療機関で療養を受けたとき、医療費一部負担足切差額補助金を支給します。
  • ※1医療機関、1ヵ月ごとの医療費の自己負担により3,000円を足切りした額を支給します。ただし健康保険組合より一部負担還元金・家族療養費付加金、合算高額療養費付加金が給付される場合には、その額を控除します。
  • ※医療機関からの診療報酬明細書(レセプト)に基づき互助会から支給されますので、受給手続きは必要ありません。
参考リンク

ページ先頭へ戻る